« 猫がお出迎え | トップページ | プロバイダを乗り換え »

2005.01.28

猫と寝る

冬は猫布団。私が寝ていると布団に潜りこんでくる猫たち。
なにも私を慕って引っ付いてくるわけではなく、単に私は暖房がわり。
その証拠に夏場は布団に入ってきたりしない。
冬でも暖房がきいている時間には、椅子の上だのキャットタワーの上だのでだらしなく寝ている。
夜になって暖房も消え、寒くなってくると人間様を湯たんぽ代わりに使うわけだ。
枕元でバリバリと爪とぎをして、「布団に入れろー」と要求。
自分で布団を持ち上げるとかは出来ないようだ。できる猫もいるのかもしれないが、うちのはしない。
入れてやると脇腹、脇の下あたりにぐりぐりとひっついて暖をとる。
左右にそれぞれ一匹づつ…猫を小脇にかかえた状態。
この格好で寝る。
肩口がなんだかすーすーする。それに肩も凝る。疲れる。風邪をひく。
それでも追い出したり、押しのけたりできない愚かな私。
だって、猫と寝られるんですよ。ふかふか〜の毛皮、あったか体温。
すぴすぴ、小さい寝息をたてる猫がひとつ布団に!
ただの暖房代わりだとしても、少しは私に気を許しているってことかなぁ…。
今日も、ちょっぴり寒いとか疲れるとかをものともせず、猫と一緒にお休みなさい。

|

« 猫がお出迎え | トップページ | プロバイダを乗り換え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76279/2729208

この記事へのトラックバック一覧です: 猫と寝る:

« 猫がお出迎え | トップページ | プロバイダを乗り換え »