« 猫飼い防猫グッズを使う | トップページ | 狛犬…ならぬ狛猫 »

2005.05.07

本の厚み

京極夏彦氏の「姑獲鳥の夏」映画化されるんですね。
続?の方だっけか巷説百物語がテレビでドラマ化されたりしていたし、映像化が進んでいるな〜。
あのくどくどしい(失礼、でもけなしてるんじゃないよ〜)表現が、視覚で一発で理解できてしまうのね、いいのか悪いのか。
でも表現的なトリックの場合、どう対処するんだろう〜。うまく丸め込む視覚表現が必要なのでは…。
まあ、ドラマだの映画だの、瞬間的に理解できなくては意味が無いんですけどね。
くどい表現を楽しんでいる読者としては、そんな味気なく表現しないで!という気持ちも少しはあるかも?
それはともかく、姑獲鳥の夏、最初に発行された時、分厚い本だなー、でも長く読めていいや、と思ったものです。(でもこれ以降、発刊される話のほうがさらに分厚かった…)
それでもまだ許容範囲の厚みだったけれど、文庫化されたら見苦しいほど分厚くなっていた…文庫本は1ページに入る文字が少ないのかしらん。
ページを開いたり手で持つのに不便だ!と以前から思っていたのだけれど、今日、書店で見かけた新装版、上下巻に別れていました。
最初からこうするべきだったんだよ〜、やっと分かってくれたのねぇ。(誰が?)
一冊の方がお安く作れるってことなのかなぁ…。

|

« 猫飼い防猫グッズを使う | トップページ | 狛犬…ならぬ狛猫 »

コメント

めみでーす。
私も本を読むのは嫌いではないので、いつか京極夏彦さんを呼んでみたいのですが、いっつも二の足を踏ませるのが、本の厚みです(^^;
京極堂とか読みたいなー。
上下巻に分かれていた本は、京極さん初心者にお勧めのほんですか?

投稿: めみ | 2005.05.07 10:19 午後

そうですねー、やっぱり京極氏のデビュー作ですし、一応シリーズものの最初の一話ということで、姑獲鳥の夏から読まれるのがいいかと。
人物やら設定を次の話に説明なしにひっぱって書かれているので最初から読まないと分からないです。
読んでいても私のように忘れていて分からない人もいますが(;´▽`A``

投稿: KURONEKO | 2005.05.07 11:32 午後

めみでございます。
買ってしまいました。「獲鳥の夏」。
しかも、上下巻に分かれていないほう(汗)
厚さにまけず、がんばって読みたいとおもいます。

投稿: めみ | 2005.05.19 07:03 午前

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76279/4026647

この記事へのトラックバック一覧です: 本の厚み:

« 猫飼い防猫グッズを使う | トップページ | 狛犬…ならぬ狛猫 »