« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005.07.30

猫、脱走を図る

クロが脱走しました。
いつもはまったく興味の無い洗面所兼脱衣所の小窓を開けて、逃げ出しました。
水を使うし風呂場に続く小さい空間なので、除湿のためにいつも細めに窓を開けていました。2cmくらい。あるいは網戸状態で。
今までは開けられる、という意識が無かったようで、まったく関心もしめさずにいたものが、とうとう開けられると学習してしまったらしい。
ふと気付いたら、窓の桟やら洗面台の上に乗っけていた化粧品などの瓶が倒れたり落ちたりしている…。窓も10cm開いている…。
もしや?!
家中を探しまわるも、エンの姿しか見えません。
慌てて裏庭や家の周りを見て回ったりしてみたけれど、敷地内には居ない様子。
隣家の庭とは低い柵がある程度で、特に厳重に仕切りがしてあるわけではないので、猫にとっては少しの障害物にもなりません。
古瓦が積んであったりして、人間には通れない所も、猫ならむしろ喜んで歩くだろう高さです。
よその猫なんかがうろうろしている所ばかりだから、匂いをたどってクロも行ってしまったのかも?
探しに行きたいけど、よその家の裏庭を猫ならともかくいい年した大人がうろつくのはまずいです。ちゃんと了解をとってからでないと…。
でもまだ遠くには行ってないかも。
30分くらい前までは家の中に居たんだし。
もう一度、家の庭だけ見てみよう。表通りの側も望みうすだけど、一応見てみよう。
ふと、鈴の音がしたような気がしました。家の中かな?いやでも…。
裏庭をのぞくと、居ました!
「にゃー」
「どこに行ってたんやー」と撫でてやると逃げずにすりすりして来ます。
抱っこしてドアまで行こうとすると嫌がって降りようとしましたが、ここで逃げられてはまずい!と思い、無理矢理に家に連れ込みました。
家に入って、やれやれ一安心。
と、思ったらクロの様子がナニか変。犬のように口を開けてハアハア息をしている
…。
初めての脱走で興奮している?
それとも暑い戸外に出たので熱射病に?
熱射病なら、たしか水をかけるんだっけ?!
でも、興奮してるんだったら余計、興奮させてしまうかも…。
等と思っている間にクロの方は冷房のきいた部屋の冷たいテーブルにゴロンと横になってハアハア。
水をやってみたけれどあまり飲みません。
しばらくすると場所をかえてまたハアハア。
自分なりに対処する余裕があるようです。のびてしまってもうダメ、とかでは無いらしいのでちょっと様子見。
何分かそうしているうちに、呼吸は速いものの口を閉じて呼吸するようになりました。さらに数分経過で、平常の様子に。
やっぱり、暑かったのか。
たしかに昼前の、かんかん暑い時間帯に、涼しい場所も知らずに外に居たんじゃあ、無理ないかも。
それに、もしかすると近所の犬のいる所まで行っていて、吠えられたもので逃げて来て、大興奮していたのかも。
何事も無く戻って来て良かったなぁ。
でも、それで味をしめたのか、その後再度、同じ窓から出ようとしていたので、やむなく鍵をかけました。
その他の窓もそろそろヤバいかもしれない。網戸も…。
とりあえずその窓には防犯用の、少し開けてロックできる鍵をつけました。
うーん、でも出たがって鳴いてるのを見ると可哀想になるなぁ。外には面白い物がいっぱいだしね…。
でも危険も一杯なんだよな。それに人間にも不都合なんだよ…。
猫の行動範囲は狭い、というけれどもそれでも我が家の敷地よりは広いはずで、少なくともクロにはもう、我が家の中は狭くて退屈で仕方が無いらしい。
それでもやっぱり出せないよ。
出せないけど。
確固たる信念を持って言っているのではないものだから、そこが悩む所。
それも無事戻ってきたからこそできる悩みなんだけどもね。

水屋の上、天井近くでくつろぐクロ
perorin

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.07.29

ドラマの猫

昨日、猫の出ているテレビドラマを見ました
茶虎と三毛のどこにもいる猫っぽいのだけど、タレント猫だけあって知らない役者さんたちに抱っこされても大人しい
どうしたらこんな人見知りしないおっとり猫さんに育てられるんだろうなあ
やっぱりほんの小さい頃から人間に育てられないと駄目なんだろうか
うちのは拾って来た時には生後3ヶ月たらずくらいか?という見立てで、人間に対して警戒心を持っていたしなあ
空きっ腹と寒さに耐えかねて、白旗を上げたという経緯があるので、人間にはあまり甘えてこない
もちろん家族にはそれなりに親しんで、寒い冬には人間を暖房器具くらいには害の無い物体と認識してくれます
でも抱っこは嫌いなんだよね
なでなでもしつこいとお怒りです
知らない人が来たらダッシュで隠れます…タレントには絶対になれませんね!
それはさておき、猫って♀も♂みたいなマーキングをするんでしょうか
ドラマの中で、三毛猫のマーキング…てのが出てきたので…
♀はシッコのマーキングはしないもんだと思っていた
「そうか、この三毛は珍しい雄の三毛猫なんだよ、きっと」と自分を納得させた
でも後からその三毛猫の子猫ってのが出てきたよ…
やっぱり♀でもシッコマーキングするってことか〜
ひとつ勉強になった…のか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.23

猫と煙は

馬鹿と煙は高い所へ登る…だっけか。
猫も高い所が好き。もともとが樹上生活しているからなんでしょうかね。
とりあえず登れる所は登ってみないと気が済まない。
家の中ではタンスや棚や冷蔵庫や洗濯機や乾燥機や、押し入れの上とか登れる所はとにかく登る。
居心地のいい居場所を少しでも広げたいという探究心なのか。
カーテンレールも取りあえず歩く。
直線移動するだけで、くつろげるスペースは無いんだけど…。
すぐに飽きて降りようとするので、いつもは私が背中を向けて台になって下ろしてやる。
今日は、「そうだ、写真でも撮ろう」と思い、台にならずにいた。
2、三枚撮って、カメラのモニター画面で撮れ具合を見ていたら、いきなり私の胸めがけてダイブ!
「いてぇ〜〜〜!!」Σ(>д<)
直立している所へ飛んできたので、ずり落ちる体を爪でささえられた…。
爪切りはしていたけど、かなり尖ってきていたので胸のあたりに爪痕が。
幸い、ちょっと血がにじんだくらいで大層な傷では無かったけど、また傷が増えてしまったよ。
手、足、背中なんかは常に何やら傷があるけど、胴体前面に傷がついたのは初めてかも。
台になって欲しい時は、声かけてからにしてね。たのんます…。

rail

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.21

鼎が沸くような

故事成句、ことわざを間違って覚えていることがある。コントのネタにもあるけど、「子はカスが良い」なんていう類い。
「袖すりあうも多少の縁」(本当は多生の縁)とか。
まあ、これなんかは違うといっても割に意味が通っている気がする。
そうでなくて、まったく意味が違うのに、自分だけで納得して覚えているもの。
私の場合、「かなえがわくような」という言葉を、調べてもいないのに自分なりに解釈して覚えていた。
前後の状況から、「かなえがわくような騒ぎ」という言い方で、「大騒ぎ」「大混乱」の状況を指すらしい、と言う事だけは分かった。
ただその、「かなえ」「わく」については想像するしかなかったので、「わく」は、つまり「虫がわく」の湧くに違いない。「かなえ」というのはきっとある種の虫に違いない、と何故か勝手に思い込んだ。
虫っていうのは例外もあるけど、大概、多産だ。たくさんの虫が孵って、わさわさしている様子は、確かに「大騒ぎ」って感じだ。
ついでに言うならそういう場面に出くわしたら、ニンゲン側でも大騒ぎしたくなること請け合い。なるほど、昔の人は上手い事を言う物だ…と納得。
こんな話が何ゆえにカテゴリー「ペット」なのかと言うと、先日、かなえがわいているのを見てしまったからだ。
職場の人が、野良猫に丸ままのツバス(ブリの小さいの。20センチちょいくらい)を与えていたのだけど、猫は大きな魚は食べないんだよね。
うちの猫も丸の魚は食べないが、刺身になると少し食べる。
猫にもよるかもしれないけど、職場野良猫は小さい魚でないと自分で噛み切れないのか食べない様子。
で、2、3日くらいそのまま放置されていた。
この暑いのに生魚を戸外に放置。与えた人は片付ける気がないようなので、仕方なく私が捨てる事に。
ゴミ袋をぶら下げて拾いに行くと…魚の周りで「かなえのわくような騒ぎ」が。
ぎゃーーーーー!!!
それはもう、大盛況の湧きっぷりで。ああ、ぞっとしたよ…。ハエの…。
猫が喜ぶだろうと気楽に魚をやるのはいいけど、後片付けはきちんとしよう、という話でした。
ちなみに「かなえがわく」は、「鼎の沸くが如し」で、鍋(鼎)が沸騰した様子に例えて、おおいに騒ぐ、混乱した様子を表す…だとか。
ハエが湧くが如し、とは大違いなのでした。

(注:カテゴリーペットのペットは猫のことであって、ハエのことではありません)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.17

去っていく猫たち

職場野良猫の白いのが居なくなってしばらくして、キジネコ♂も居なくなってしまった
こちらの猫はボス猫に追い払われているのを二回目撃しているので、ボスに大人認定され追い出されたのだと思う
白もそうだったのかも知れない
キジネコがビクビクしながら舞い戻ってきたのをボスがすごい馬力で追い回して喚き声をあげて喧嘩しているのを、仲の良かったサバ白♀は不安そうに見ていた
それからキジネコ♂を見ない
ボスの顔には傷が出来て片目がふさがっている
昨年生まれの兄弟猫五匹で残っているのはサバ白一匹、どことなく寂しそうに見える
ついこの間まで兄弟でじゃれていたのになぁ…
我が家の猫兄弟は大人になった今もたまにじゃれている
そういうときは拾って良かったなあと思える

まだ子供だった二匹

050717_12100001.JPG

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.07.11

猫専用デジカメ…

新しいデジカメ買ってしまいました。
今まで使っていたのはFinepix4500だったんですが、今現在、職場の備品と化していて、私事には使っていない状態。
まあ、平成12年発売のデジカメ400万画素、使えないわけじゃあないし、画質もそこそこ良い線いってると思う。クレーム処理用写真には十分です。
デジカメが出始めた頃なんて、30万画素だったもんね。それでもけっこう高かったのに、買ったけどあまり使わなかったという苦い過去。
それを思えば4、5年経過でもまだまだ大丈夫、使える性能というところに、デジカメの進化もそろそろ頭打ち?良く言えば円熟の域に達して来たという感。
で、新しく買ったのはFinepixF10です。
ナニが気に入ったかというと、高感度ISO1800の撮影感度。うす暗い室内でもフラッシュをたかなくていいところ。速い被写体にもぶれにくいシャッタースピードにできるところ。
家の猫ちんを撮るために買ったのだ!
猫専用デジカメ。
と言うと聞こえはいいが、撮る物が猫しかいない寂しい奴なんですぅ!
。゜゜(´□`。)°゜。ワーン!!
本当か嘘かは分からないけれど、犬猫の目にフラッシュをたくのは危険だという話をよく聞かされる(というかネットで見かける)から。
なんか眉唾っぽいなあ、と思いつつも本当だとイヤだから、フラッシュ無しで撮影しようとしてはただの黒い塊(黒猫だから)をたくさん撮っている…。
これからはかわいい黒猫写真を撮れる!……かな?


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.09

猫の態度で気温を知る

気が付けば7月、海開きも済み、もうすっかり夏…のはずなんだけど、梅雨のためここのところ割に涼しくて夏らしくないです。
昨夜なんかは「肌寒い」感じで、しっかり肌布団をかぶって寝ました。
私は抵抗力がないというか、暑さにも寒さにも弱くて、人よりも暑がり、寒がりな気がします。許容範囲が狭いというか。
なので、普通な人はそれほど寒くもなかったかも。
でも猫はちょっと寒いと思ったのか、昨夜は私の布団の上に乗って寝ていました。
久しぶりに猫の重みを満喫して寝ました。寝返りうてなくて起きた時に腰が痛かったけど。

我が家の大ネズミ
CA310076

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.06

雄猫の旅立ち?

職場の野良猫のうち、一番人なつこい白猫(♂)推定10か月が、先週金曜から姿を見せなくなりました。
雄猫だからと油断して去勢を延ばしていたのが悪かったのか、雌を求めて旅に出たのだろうか…。
それとも縄張りを求めて出て行ったのか?
だんだんと大人の猫になってきたので、既存のボス猫ベージュ猫と折り合わなくなってしまったのかも知れない。
もう一匹のキジネコ雄も、この頃は1日に一度しか餌を食べに来ない。こちらも河岸を変えてしまったのか。
サバ白雌は相変わらず、手近な所に潜んでいるようで、餌の時刻にはすぐに姿を見せる。やはり雌は行動範囲が狭いらしい。
それにしても、放浪の旅に出たのならいい(と言えるか分からないけど)が、敷地の外の道路で事故にあったのじゃないか、とか、猫虐待人に捕まったのじゃないかとか、気になる。
飼ってやる甲斐性も無いのだから、気にする資格も無いけれど。
飼い猫にはしてやれない、何かあっても見ているだけだ、とある程度の線引きを、心の中ではつけている。
が、毎日のように見ていたものが居なくなるとやっぱりどうしているのかと気になる。
甲斐性なしとしては、どうか元気にしていますように、と祈るばかりです。

まだ近くに居た時の白猫。

CA310074

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.01

働く猫さん

職場の野良猫の餌置き場に、今朝はネズミが置いてありました
もちろん私がやったわけじゃありません
ネズミは食べた形跡もなく、その後、私が与えたカリカリにわっとたかってきました
やはりハンティングはするものの、イコール食事とは思っていないのか
生肉よりカリカリなのか?
今の職場には二年いるけれどネズミを見たのは初めて
手のひらくらいなサイズがあったのでドブネズミか家ネズミ?
猫も働くもんだなあ、捨てたものじゃないね050701_12110001.JPG

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »