« 猫おもちゃも使いよう | トップページ | 帰ってきた縞猫 »

2005.10.03

隣家の猫?

少し前から、隣の家が取り壊し中(新築、もしくはリフォームのため)で、お隣の住人はお留守です。
今日は柱と床の一部くらいを残してかなりの部分が無くなっていました。
夕方、職人さんが去った家の、その残った床の所に白い猫がちょこんと座っていました。首輪をしている様子。
もしかしてお隣の猫かな?
お隣は昔から何匹も猫を飼っていて、今でも外に自由に出て行ける猫が少なくとも一匹は飼われているようです。
もっともどんな猫なのかは良く知りません。出歩いている猫は近所のお宅に何匹もいるようだし、お隣の近くに居てもその家の猫と決まったわけではないので、確信はないです。
我が家の庭にもいろんな猫がやってくるわけだし。我が家の庭に居たからって家の猫じゃないしね。
そんなわけで、猫は居るらしい、でもどの猫が隣の猫なのかは謎。
でも今日見た猫は、なんだか隣の猫のように思えた。
新築までの仮住まいに、猫は連れて行けなかったのかもしれないな、と思ったら、屋根もなくなった取り壊し中の家に座っている猫がいじらしくて哀れ。
でも単なる近所の猫かもしれない。
私が勘違いの感傷野郎なだけかもしれない。
それにたとえ猫を残して行ったとしても、餌は運んで来ているはずだしなぁ、捨て置くほど不人情な人たちではないと思うし。

最近、近所で改築新築が続いているので、すごく羨ましい私です。
築50年以上の我が家は、猫が歩いても床がきしむ…。借地なもんだから、立て直すわけにもいかず。
もし新築できるなら、猫が快適に暮らせる工夫のある家がいいなぁ…夢だなぁ。
宝くじでも当たらないだろうか…。

|

« 猫おもちゃも使いよう | トップページ | 帰ってきた縞猫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76279/6236942

この記事へのトラックバック一覧です: 隣家の猫?:

« 猫おもちゃも使いよう | トップページ | 帰ってきた縞猫 »