« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005.12.31

魚編に師走の師

ブリを頂きました。まな板よりも大きいです。普段小さい魚を切っている出刃包丁が果物ナイフのように頼りなく見えます。
とりあえず頭は取って腹を出しておかないと〜と、小さい包丁でごりごり切ります…切ります…うーん、骨が切れない。
前に鯛を切った時、大きな骨をむりやり切って、新品の包丁が刃こぼれしたので、無理に切るのは諦めて。
無理矢理、腕力で、折りました!以外と簡単に折れました。
それにしてもブリはぬるぬる〜つるつる〜としてつかみ所が無く、押さえておくのが一苦労。
中骨から身を切り離して2枚におろそうとしましたが…刃渡りよりも魚の幅がひろいじゃないですか。
骨にそって切っているつもりが、1センチもの厚みで身が骨に残ってしまいました。
むーん、やっぱり大きな包丁がいるんだろうか。
ということでこの際、大きめ包丁を買おうと思い、金物屋へ。
たまに買いに行く金物屋は、昔とはずいぶん変わってオシャレ雑貨やインテリア小物が並んだ小ぎれいな店です。
包丁やら鍋釜なんぞという生活臭のあるものが置いてあるのか?と心配になりましたが、聞いてみるとこちらにあります、と入り口から見えない裏側のコーナーに案内されました。
いろいろな形の包丁がショーケースにずらり。
ブリを貰ったので出刃包丁で大きいのを欲しい、と言うと一番大きいのでこれになります、と今使っているのより少し大きい物を出してくれました。
うーん、もっと大きいのを考えていたんだけど、そうかこれしかないのね。
ブリが切れないので〜と言いつつ選んでいたところ
「新しいうちは無理に堅いものを切ったりすると刃こぼれするので、少し使って馴染んで来てからがいいですよ」と。
うーん、遅かったです、その忠告は。
それはともかく、店に入って第一声に「包丁はありますか」から、「出刃包丁が欲しいんですけど」まで、私の脳裏にあったもの、ニュース番組で報じられる刺殺事件、犯人が犯行前にホームセンターで包丁を購入したのを店員が記憶しており…とかいうやつ。
そんな事を考えてるもんだから、別に言う必要もないのに「ブリを貰ったので」とか「頭は取れたけど身が切れない」だのと話してしまいましたよ。
まあ、適切なものを選びたいという気持ちもあったので、説明もかねて。
しかし包丁がそうそう馬鹿売れするわけもないから、お店の人が私をしっかり記憶していることは間違いないところでしょう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職場猫の年の暮れ

今年は暖冬〜と言われながら、いきなりの寒波、大雪で戸外生活の職場猫も寒さに震えているようです。
さすがに野外生活の猫だけあって、ずいぶんと立派な毛皮を着ていて、むくむくのもこもこで、見た目がやや太め。
でも触ると背骨もちゃんと触れるし、普通の体型みたいです。
我が家のデブデブ猫とは大違い、うち猫は毛皮が薄くて肉がたるたるです。
環境でかなり変わるものですね。
10月あたりに帰って来ていた縞猫さんは、しばらくは居着いていたものの、また姿を見せなくなり、ここ1週間ほど、新顔の白黒猫♂が来るようになりました。
最近、メサバ猫に餌をやっても、しばらくして食べないで鳴きながらついてくる事があるので、なんでかな〜と思ったら、この猫が餌を横取りしていたらしいです。
しょうがないので喧嘩しないように2つ皿を出してますが。
今の所、2匹は近くで餌も食べ、大喧嘩する様子もありません。
しかし、メサバ用に置いてやった猫箱に白黒猫が入っている様子。
もうひとつ段ボール猫箱も置いているのが、風でこの前からひっくり返っていたので置き直して毛布も新しく入れておきました。
それから今日、次長が年末でもあり、職場の外回りを片付けていたところ、どこかで猫が鳴くので探してみたら、積み重ねてあった水槽(バスタブより大きくて水揚げされた魚を入れる容器)の中に落ち込んで、出られなくなっていた、と。
雨や雪のたまり水も入っていたのでずぶ濡れで冷えていた様子、助け出したけど逃げて行ったとのこと。
それは良い事をしましたね〜、と賞賛しておきましたが、濡れ猫、大丈夫かなぁ…。あったかい場所にちゃんと帰れただろうか。
三毛猫だった、と言うので私は見た事はない猫みたいですが。
そして帰り際には、猫餌をてんてこ盛りにして帰宅。明日、あさっては誰も来ないからね〜。カラスに食われる前に食っておけよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.30

猫の福袋

某ショップの通販を利用して、猫の福袋っていうのを注文しました。
正月に届く予定とかで、12月初旬に一緒に頼んだ猫缶が正月にならないと届かない、というので仕方なくスーパーで買ったり、他のショップの通販を利用したりしていました。
それが昨日28日に届いたんですが。
箱の上面には期日指定シール「1月1日」が…。
たぶんこの前からの雪の影響で、期日に届けるのが無理かも、と判断され、とりあえず遅れるよりは早い方がまし!という配慮かと。
それはいいんだけど、開けてみると猫缶しか入っていない…。
あー、じゃあ別便になったんだね〜と思いつつ明細を見たらしっかり福袋も書き込まれている??
……うーん、なんでだろう。やっぱり福袋だけが正月お届けになってるのかなぁ。
それなら最初から別便で早いとこ送って欲しかったよ。
それともこれは配送の手違いなんだろうか。
一緒に入れたつもりになって、缶詰だけが送られてきたんだろうか。
年末の発送の慌ただしさは職場でも嫌って言うほど身にしみているので、そういった手違いもままあることだと予想され、問い合わせるべきか、正月まで待ってみるべきかちと悩みました。
もう今日になったらどこの会社も大概、休業になってるだろうと思うしなぁ。
大人しく正月の結果を見て、年明けに対処するしかないか。
どうか無事に正月に届きますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.24

猫まんま

とある猫マンガに、「簡単おいしい炊き込みご飯」というのを主人公(は猫のほうか?)が作っているシーンがあって、美味しそうだと思い真似して作ってみた。
ショウガのみじん切りにサバの水煮缶、醤油、酒、出汁だけのちょっと具の少ない炊き込みご飯。
父に出したら、「あまり好きじゃない」と…。
私はまあまあかな〜と思ったんだけどなぁ。
父「こりゃ、猫の缶詰がはいってるんか?」
Σ( ̄□ ̄!)違うよ!ニンゲン用の缶詰だよ!いくら猫缶がたくさん置いてあっても人間には使わないよ〜。
…でもちょっと似た感じだったかも…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.12.18

猫と皿4枚

いつもはまったく興味をしめさない場所に、何かの拍子に気を引かれることがあるようで、いつもならまったく無視の食器戸棚に顔をつっこんでごそごそと。
台所でかちゃかちゃ食器のふれあう音がする〜と思っていたら、がっしゃーん!
どどどどど!と逃げ出す猫。
皿4枚、割れました…。
別に高価な食器というわけでもないし、戸棚を開けたままにしていた私も悪いし。
怒る気は無いけど、我が家にしてはわりと枚数がそろっている、普段よく使っている皿だったので少しがっかり。
もともとは10枚あったようだけど、猫が割る前は8枚になっていて、それでもそこそこ使える枚数、それが4枚減った。
まあ、二人しかしない家だから、不便でもないけど。
父にも、新しく買えばいいし、と言われたことだし何の問題もなし。
猫に対しても何のマイナス感情も無し。
しかしなんですね、子供の頃、皿を割った時に、私はけっこう叱られた記憶があるんですけど。
やっぱりそんな高いお皿ってわけでもなくて、何枚かはすでに減っているような奴で。別に割ってやろうと思って割ったわけでもないのに、そんなに怒らなくても…と思ったものです。
人間がやった、と思うとわが子でも腹が立つ。
でも猫がやっても腹が立たない、というかすぐ諦める。
これが「猫かわいがり」というやつか。
まあ、どうせ怒っても分かっちゃくれないからね〜。
daran 「俺、悪くないもーん」 反省しない猫。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.11

ひと大杉

なにげに買い物に出たらショッピングセンターは人出がすごい
考えてみたら年末だね、たかだか3日間ほど休みになるだけなんだが、支度が大変てことだなあ
食料の備蓄と〜正月飾りと〜お年玉の用意も…
毎日の買い出しでもあまり軽快でない私には憂うつだぁ
通販で頼んだ猫缶が届かないのも誤算
福袋ってのを一緒に注文しちゃったからとどくの正月になるって…
今!今、欲しかったのに〜!
しょうがないから少しだけスーパーで買いました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よく寝るから猫

夏場はあまり茶の間に近寄らなかった猫らですが、冬は暖房してある茶の間でひたすら惰眠をむさぼっています。
年中寝てはいるはずだけれど、目につくところで寝ていないので他の季節はさほども感じないのが、冬の今は、目の前で一日中寝ているわけです。
寝る子=猫、の図式に納得。

nesugata2 折れ曲がって寝たり

nesugata1折り重なって寝たり

nesugata ぐで〜んと広がってみたり。

テーブルの上がエアコンの温風が一番当たるらしくて、暖房をつけたところで部屋がまだ暖まっていない時、テーブルに座って風に当たっています。
ある程度暖まると椅子や毛布、猫タワーに移動します。
ちなみに猫のしいている毛布は猫用ではなくて私のうたた寝用毛布…
使わない時はたたんで隅っこへ置いているんですが、すっかりエンの猫ベッドになっています。
でも隙を見て取りかえして使ってるからいいけどね。
我が家にはソファなんていうしゃれた物は無いんだけれど、猫を飼ってからソファで猫とゴロゴロしたいなーと思うようになり、ソファ生活に憧れています。
パイプ椅子生活だと、椅子には常に一人、あるいは一匹しか座れないので(膝には乗らない)一緒にくつろげません。
でも同じ部屋に猫が寝ているだけで嬉しいです。夏場は探しに行かないと何処にいるかも分からないからねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »