« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006.01.30

道路わきの猫死体

仕事がひけての帰り道、道路に猫の死体。やや端近を走っていたので慌てて避けながら走る。道路のど真ん中ではないけれど、放っておけばどんどん踏みつぶされて行きそうな位置。
そこから少し離れた所のスーパーでいつも買い物をするのだけれど、猫を片付けに行こうかどうしようかと、買い物中も思案。
買い物を終えて一度、車まで戻って、さて、どうしたものか。
道端へ避けるだけでいいだろうか、それとも箱にでも入れておくべきか。
箱に入れて置くと不審物みたいで道端には放置できないかも…。
何かと思って開けた人がショックを受けるかもしれないし。
悩んだ末、もう一度スーパーに戻ってゴミ袋を買って、段ボール箱も貰う。
車につんである軍手を持って歩いて引き返してみた。
薄暗くなってきた中に転がっている白い塊、近寄ってみるともうすでに踏み付けられて猫の形がくずれかけている。
かわいそう、というよりもすでに気持ち悪いかも、という状態に近くなっているけれど、まだ拾える状態。
猫飼いとしてはやはりここは回収するしかない、と気合いで拾う。
憐憫よりも無気味な、と感じている自分がこうするのは、偽善かもね、と思いつつ。
こうなったら持ち帰るしかないか。明日、役所に電話して引き取りに来てもらおう。父の手を煩わすのも何だから、職場へ持って行ってそこから電話するとしよう。
そういうわけで、今、仏さん猫は、車の後部に積まれています。
夏場でなくて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.29

笑いながら寝る猫

kutimoto「にやり」
なんとなく笑ったように思える口元のカーブ。能面のように見る角度で表情が違ったりするんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.22

猫を紙袋に押し込んで

猫をカン袋に押し込んでポンと蹴りゃニャンと鳴く…って考えてみればめちゃ殺生な歌詞だな〜、しかも和尚さんが。
蹴るのは論外だけど、袋inについては、押し込まなくても自分で入っちゃったんじゃないのかなあ、なんて。
そう思いたくもなるほど、猫は袋に入りたがる。
スーパーのポリ袋をかぶって突進してみたり。紙袋に潜んでみたり。
kamibukuro待ち伏せちゅう。
kamibukuro2  通りすがりをすかさずキャッチ!

でも、袋が平になっているのを自分で開けて入ることしないようです。袋の口が開いていて、洞窟のように見えるのが猫心にぐっとくるらしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.15

よその猫触った

親戚の法事に出席しました。その家でよそさまの飼い猫に会いました。
その猫は故人のお宅の猫でなく息子さんの家から連れて来られた猫で、知らない家で知らない人間に取り囲まれて、さぞかしストレスだったろうに、割合にフレンドリーで無理やり抱っこのわが父にもよく耐えてくれました。
でも緊張している証拠に白い抜け毛をたくさん喪服に残してくれました(^_^;
ミルクから育てたという猫はやはり人慣れしていると思えます。
しかもリード付きで散歩すると言うし。う〜ん、羨ましい。自分では我が猫が一番可愛いと思うけど、何かあったときよその人や知らない場所に動じない、可愛がられやすい猫であってほしいです。
猫より先に死んだりだけはしないようにといつも念じてます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.01.07

ニャンゴの夜

正月休みが終わって通常業務に戻ったけれど、二日ばかり働いて、またも連休を貰ってしまいました。嬉しいけどなんか休み癖がついてしまいそうで恐いです。
休みの日には、いつもより余分に寝ていられるのが嬉しいです。
そうは言っても猫らがいつもの時間には起きてがさごそするので、ほどほどのところで起きますが。
起きて餌をやらないと、フスマをばりばり引っ掻いて抗議するので…。
ところが今日、いつもより遅めの起床、そろそろ起きないと猫の抗議が始まるか、と思って居たのに、機嫌良く二匹で走り回っているようです。
猫の食器を持って台所へ行くと…。
食い破られた猫餌袋が床に!
職場猫用にトートバッグに入れていたものを、カバンから引きずり出して食べたようです。油断した。
これを食って走り回って遊んでたってわけ?
盗んだゴハンで走り出す…
夜の校舎で障子を破って回ったりするんだな?(そんな学校は無い)
尾崎豊のファンだとは知らなかったよ…。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.01.04

猫と直火

正月前、めったに使わないストーブを神棚の部屋に出しました。ちょっとした作業をしなければならず、暖房の無い部屋が辛かったし、正月はお客も来る事だし。
その時の猫の反応は、最初はまったく関心もなく近寄らず、寒い畳の上にぺたんと座って、私が神棚の飾りをしているのを、興味津々見守っていました。
私は寒いし、座布団をストーブの前に置いてひとり暖まりながらの作業でした。
飾り付けも完了して、さあ後片付け、と私が座布団を離れて別の部屋へ行って、戻ってみると…。
しっかりストーブ前でくつろいでいます。座布団が空いたのですかさず座ったところ、温かいことに気付いたらしいです。
もう片付けたいなーと思ったけれど、あんまりぬくぬく居心地よさそうだったのでしばらく出しておきました。
でもエアコンとかホットカーペットと違って、ストーブは見ていないと不安。
猫が乗ったり、火災になったりしたら大変だから、離れた部屋にほっとくわけにもいかないし。程々のところで片付けました。
attaka
ちょっとお尻がはみ出てますけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.03

年寄りの手習い

最近、年のせいで父の手がぷるぷるするので、文字が書きづらい、今年はパソコンを覚えて印刷するから、教えてくれと頼まれました。
たしか5年ほど前にもそう言われたので、父と兼用で使えるように、当時デスクトップを使っていたのを、セカンド機にノートを買いました。
が、結局、使っていたのは私だけでした。(そのノートは今、友人が使用)
また同じことになりそうな気がしたし、今、私が使っているのは12インチのノートなので画面が小さい。
故に、文字の表示も小さい。しかもWindowsでない。ワープロソフトは入っていない(エデェタなら入っている)
画面サイズを小さくしたり、表示サイズを大きくしたりしてみたものの、いまいちきれいに見えません。
それに私のパソコンを使うとなると、遠慮もあるかもしれないし、このさい父専用機を買おう、と急に思い立ち、電気屋へ。
昔に比べれば安くなったとはいえ、10万くらいが最低ライン、しかもCPUはAMDかセレロンです。(ソーテックもあったけどねぇ、うーん…)
別に高性能が必要というわけではないけれど。それによく見たら、安いものにはofficeが入っていないものが多いです。
古いバージョンのofficeなら、使わずに置いているROMがあるけど〜。
いろいろ悩んでいたら、もうどれでもいいや、って気持ちになってきて、店員さんのお勧めを買ってしまいましたよ。ボーナスを全部、預金に回して手堅く暮らそうとしていたとこなのに、思わぬ散財をしてしまいました。
性能はともかくも15インチ画面は大きくて見やすいです。初心者向けのガイドソフト?も入っていて、とりあえずそれを使って、クリックだのドラッグ&ドロップだの練習してもらいました。
マウスの方が使い良いかと繋いだけど、父にはパッドの方が使いやすいらしくて外してしまいましたよ。
目標は今年中に文字入力を(一本指打法で良いから)覚えて、来年の年賀状を作ることだそうです。
私としてはメールも覚えて、遠くの兄弟(叔父)と文通でもしてくれればと思っています。最近は年配の方もメアドがあるよ、と言われる方が多いです。
飽きやすい性格だから、いつまで続くか分からないけど、高い買い物したんだから元は取って欲しいと思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

届いたよ猫の福箱

届かない〜?と心配していた猫福箱、元旦にキチンと届きました。
やっぱり別便だったのね、ほっとしました。
開けてみますと、小さい猫おもちゃが三点ほど、猫おやつが一つ、猫缶が一つ、猫が入って遊ぶ段ボールボックス、猫ベッド一つ。うーん、お買得なのかどうなのか今ひとつ分からないけど、猫ベッドは幸いにも、気にいってくれたらしい。

なかなk寝心地いいニャ。(四角いベッドです)
bed1

二匹で入るニャ…(丸くなりました…)
bed2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.01

猫とおせち

正月ですね、おめでとうございます。
今年もよろしく、猫もよろしく。
正月だけど、特別おせちを作ったりごちそうをしたりしていません。
お客さまはあるけどゆっくりして行く事は無いので、お茶とお菓子を出す程度。
うちの者が食べるだけの少量のおせちをスーパーで購入、お重に入れる分量も無いので皿に少しずつ盛って、お雑煮をしておしまい。
雑煮も白味噌やすまし仕立てでなく、ただの餅の入ったみそ汁です(^^;
父はおせちを好きでないので、せっかく出してみてもたいていは食べ残してしまいます。それでも正月気分を演出のため、出しました。
2006osechi
煮干しにゃ!(いや、ごまめだ)

このあと、2、3匹貰っていました。味がついてるからあまりやっちゃいけないんだけど、正月なので特別だよ〜。
夜は苦労して切ったブリを、見栄えの悪い刺身にして出す予定。
こっちも猫がお相伴するんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »