« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006.07.24

猫用ジーンズ座布団

猫用ジーンズ座布団

ではないけど、勝手に尻に敷かれました。
いえ、滅相もない、不満なんてありませんとも。
わざわざワタクシのジーンズを選んで下さるなんて光栄の至り。
珍しくカメラに目線をくれたけど、携帯のカメラなうえ、部屋も暗い。この可愛いらしさが充分に表現されないのが辛いなぁ(親バカ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.07.23

甘える猫(と思いたい)

甘える猫(と思いたい)

一泊二日の旅行から帰ってみると「どうせ知らん顔だろうな」という予想をちょっとだけ裏切って、いつもより余分に甘えています〜!
そうか〜、少しはワタシの事を恋しく思ってくれたのね…
でもそこは猫のこと、気が済んだらサッサと別室に退散しちゃいましたよ(^_^;
以前に犬を飼っていて犬の感情表現に慣らされているので、こういったドライさが寂しかったりするんだけど
でもこれが彼らなりの愛情表現だと思って、最近は気にしなくなりました
いつでもラブラブじゃなくてもいいんだ〜、気が向いたら押しかけてくる身勝手な奴らが却って可愛い
なんとなく床に座り込んで本を読んだりしている時、何気なく近くに寝転がってくつろがれると、仲間として認められてるんだなぁ、って気がして嬉しい
足にもたれて来たりするとなお良し

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.20

旅先から

旅先から

研修旅行と言う名の社内旅行ちう
苦手な宴会、まだ続く…
今頃、猫はどうしてるかなあ
父ちゃんはちゃんと猫と自分のご飯は用意したかな
宴会のご馳走はみんな美味しいけど、ご飯粒が食べたいなぁ
写真はヤモリと戯れる猫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.14

猫と暮らす家

最近、隣近所が新築になってきて羨ましい〜と思っていたところ、来ましたよ、新築の話
今の土地は借地で、ここに建てるわけにはいかないし、諦めてたんだけどね
実は田んぼならあるのです…長らく荒れ地になってるやつが。
ワタシが定年退職したあかつきには小さい家でも建てればいい、なんて言われたりしていたのだけど、そんな年になって家を建てる馬力が残ってるかしらん?
それが最近は、父もワタシも建てる気持ちになってきて、そこへとある土建屋さんから残土を田へ捨てさせて欲しいと言ってきた
安く埋めてくれると言うからお願いした。
しかし、うちの田は宅地に地目変更するには知事の許可が要るところ。
こんな家を建てますよ、という設計図をつけて申告しなければならない上、許可が下りるまで2ヶ月はかかる。
とりあえず宅地とするため、紹介されたハウスメーカーの人に設計図を頼む。
まだ何のビジョンもないままにだいたいの間取り完成…
なんだか平凡、というか、私は猫と楽しんで暮らせる家が欲しいのに〜。
しかしまあ、予算が大してあるわけでもない貧乏人、安くあがりそうな無難なデザイン間取りになるのは仕方がないのかも…
ハウスメーカーは高い方の部類ではないかと思っている住友林業さん
ペット共生住宅と言えばヘーベルハウスやら積水ハウス等か?
住友林業は特にそんなのはやってないみたい
猫トイレをトイレに置きたいと言ったのに客も入るとこだからと却下されました(;。;)
そんなたまにしか来ない客より自分が楽な方が良いのに、分かってないなぁ…
でも強く言えない貧乏人
早く許可申請しないと、と思って、もうあまり深く考えないで進行中

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.07.06

職場猫に新顔が

Makeso
職場に現れる猫に新顔が増えた。最初、メサバ猫がフーシャー言って、威嚇して追い払おうとしていたけれど、小柄ながら気の強い猫で、最後にはメサバが威嚇されて逃げ腰になる始末。
最近ではすっかりメサバの負けが決まったのか、びくびく遠慮っぽくなって気の毒…。
私としてはこれ以上、職場に野良が居着くのは有り難くないので、メサバにがんばってテリトリーを守って貰いたかったけど、無理みたいです。
新顔は雌のようだし、増産されるととても困る。捕まえられる程、親しくなる頃には増えてる恐れ有り有りです。
雄猫の場合は容赦なくライバルを追い払うようで、今まで複数匹の雄が居着いたことはないけれど、雌はそうでもないのか、反目しつつもニ匹の雌は共存中。
また捕獲、避妊に頭を悩ませないといけないのか〜(ノ_-;)
それにしてもどこからか猫の湧いて来る我が職場…魚臭いからだろうか…。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »