« 家庭菜園の初物 | トップページ | レボリューション »

2007.06.21

水難の日、その時、猫は

今日、家に帰ったら水道管が壊れていました。
トイレの配管だったので、トイレとそこに続く廊下が水浸しに。
父が発見して、水の元栓を締めたり水をふき取ったり、濡れたカーペットやらなんやらを外へ放り出したりしたらしいけど、その時、どさくさ紛れにクロが脱走したっぽい。
「猫、出たかも」と言われて家の中を見て廻ると、エンはいるけどクロがいない。
何処行った~?と外回りを探す。
すると、裏の空き家になっているお宅の縁側で、どてりと横になってます。
「ここは私の家ですが、何か?」くらいな落ち着きようです。
人が心配して探してるのに、その態度は何なの…。
「クロ、おいでー」と声をかけると、素直に寄ってきました。
ご飯前でお腹が減ってたからかも。それとももう、自由を満喫したし帰る気になっていたのかしらん。
特に逃げても行かないし、なんとなく近くでうろうろする姿を見ると、ああ、外猫は楽しそうだなあ、と思ってしまった。
でもなー、楽しいばかりでないのがね…。
で、猫を確保して家に入ると、まだ水道管が直ってないし。
まかせた、父ちゃん。
とはいえ、まかせきりでのんびりするのも悪いし、まだ少し漏って来る水を拭いたり、手元を懐中電灯で照らしたり、ご飯のしたくもそっちのけ。
お腹すいたな、と思いつつ。でも猫にはちゃんと先に食べさせてやりました。
それにしても、あちこちガタが来てますね、この家も。
あと2ヶ月くらいだ、がんばれー。

|

« 家庭菜園の初物 | トップページ | レボリューション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76279/15512409

この記事へのトラックバック一覧です: 水難の日、その時、猫は:

« 家庭菜園の初物 | トップページ | レボリューション »