« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007.11.23

アレルギー猫、小康状態

アレルギー猫、小康状態
エンのアレルギー、薬を三種出して貰ってからはずいぶんましにりました。
お馴染みプレドニンは、常用しない方向でもう10日以上前に終了、今はケトコナゾールとシクロスポリンを投与。
ケトコナゾールは、ググると抗真菌剤らしき記述、シクロスポリンは免疫機能調整剤(移植手術後の拒絶反応を抑える)とかの説明。
抗真菌…水虫?水虫なのか?!
いや、ナメナメして掻き壊したとこにいろんな菌がつくのはあり得るかな?
でも最初にプレドニン抜きでこれを投与した時、効果が無かったしな。
免疫機能調整剤のシクロスポリン、高いし猫の嫌がる液です。
無理やり口の周りに塗ってますけど、これが効いてる?
まだきれいに治ったとは言えず、薬の切れ目で少しカユカユが出だしたし。
当分は飲み続けないといけない感じ。
腹まわりがハゲでトホホな感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.11.13

猫用ゲートできました

玄関内側の猫用ゲートできました〜。
あまり手間をかけず、見た目もそこそこマシなものを…といろいろ考えた末がこれですが。
Ca390043 内側から見た所。
Ca390042 扉を開けてみたところ。
考えた割に見た目が…狭苦しい虫かごみたいになりましたけど、素材だけ見れば立派なんです。
突っ張りラティス(格子)、ラティス(格子)としてきちんとした製品で売られているものを流用しています。
ラティスショップ タニハタ
左右が突っ張りラティスで、真ん中の扉部分が単体のラティス。蝶番で突っ張りラティスに取り付けてあります。大げさな取り付け工事をしなくて済んだのが良い所。
シロウト仕事なのでやや歪んでる気もするけど、気にしない。
ドアの蝶番の反対側が実はラッチとかつけてないので、何か鍵のような軽く止まるものを付けないと、猫に知恵がついたら開けられる恐れもあるんですけど。
まずまず満足のいく出来、総工費4万8千ちょっと。
犬ゲートだったら4個ほど買えそうです(^^;
でもこのラティス自体が良い製品だから、仕方ないかなーと思います。作りがとてもキレイで、インテリアとしては上等なものです。
使い方を間違っているのはこちらの方でして。

補足事項 突っ張りラティスの下部が15センチ程の隙間になってるので、板で塞いでいます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »