2005.10.18

ニャーロックホームズ「踊る人形の謎」

ホームズ「これを見たまえ、ニャトソン君」
ニャトソン「これは例の踊る人形の暗号じゃないのかい?」
odoruhito
ホームズ「これはこの部屋の布団の上に記されていたようだ。」
ニャトソン「この暗号は、前のと少し違うようだね。」
ホームズ「全然、違うものだよ。」
ニャトソン「人形の周りにある点は、どういう意味なんだい?」
ホームズ「まず、この部屋を良く観察してみたまえ、そうすれば謎は解けたも同然だよ。」
ニャトソン「ずいぶん荒れた部屋だね、ジャパニーズカーペットがささくれている。」
ホームズ「これはタタミというんだ、他には?」
ニャトソン「このスライド式のドア…いや壁なのかな、これも壁紙が掻きむしられたようになっている。この部屋の住人は癖の悪い奴に違いない。」
ホームズ「それはドアで間違いないよ、フスマというものだよ。」
ニャトソン「こっちにもフスマ・ドアがあるぞ。…やっ、こんな所に隠し部屋が?!」
ホームズ「それはオシイレ・クローゼットだよ、布団が入っているだろう。」
ニャトソン「なんと!ホームズ!布団が獣の毛だらけだ!」
ホームズ「そうだよ、ニャトソン!この部屋の住人は猫を飼っているんだ!」
ニャトソン「猫を?でもそれとこの暗号にどういう関係が…?」
ホームズ「猫は寒い夜どう行動するか知っているかい、人間の寝床にもぐりこむんだよ。そしてこの図は”布団の上に記されて”いたんだ!」
ニャトソン「まさか、この暗号は?!そんな馬鹿な、というかそんなアホな!」
ホームズ「そのとおり!これは踊る人形ではなく、人間の寝相を表していて、その周囲の点が…」
ニャトソン「……猫?」
ホームズ「Elementary( ̄ー+ ̄)初歩だよ」
ニャトソン「Nandeyanenn!!(ノ`△´)ノ ┫:・'∵:.┻┻:・'.:∵」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.10

猫好みの自然素材?

今日、職場で枝豆を一枝、頂いた。むしってない枝になっているもの。
うちではいつも、お手軽冷凍ゆで枝豆を愛用しているので、生の国産枝豆なんて触るの何年ぶりか?
家に帰って枝からむしっていると、
edamame2
「おっ、こいつは…」







edamame3

「こっち来〜い」







edamame4

「えーい、観念しろ!」

何が面白いのか、しつこくボウルから豆をかき出そうとしていました。
佐々木倫子の「動物のお医者さん」で猫が水にさらしてある蕗を捕ろうとするシーンに
『ミケ、その蕗、死んでるからつまらないよ』
という台詞があったけれど、私もそう言いたくなりました。
ネズミおもちゃにもあまり反応しなくなってきたこの頃だけれど、枝豆がやたら気に入ったらしく、いつまでも一つずつ取り出してはパンチして遊んでいました。
テーブルと床に散らばってしまったよ…。

大きさ,軽さ、毛の生えた手触りなんかが猫心をくすぐるのかも。

edamame5

ちょっと手つきが豆をといでるみたいなので…。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005.09.03

猫の居場所

猫の居場所…と言っても広くもない家の中のこと、決まった場所にいる事が多いです。
夏場は暑いので、玄関のタタキだとか、板張りの床とか、涼しい事が第一だったけれど、本当は猫的には床よりも、高くなった所が好き。
basyo1
椅子があれば椅子の上、椅子が無ければテーブル(コラコラ)の上…。
(黒い椅子に黒猫…さまにならないなぁ。)
窓際の椅子は、猫の外見張り用に置いています。出窓があるといいのになぁ。

basyo2
洗濯機のある所。(猫トイレ、猫水飲み洗面器もある)
窓際の棚の上は人気スポット。1段目より2段目が人気。かまわれたくない気分の時は、さらに高い所、乾燥機の上に避難。
basyo3 棚の2階。特等席。
basyo4  乾燥機の上部席。外が見えないのが難。

エンのほうが人間にかまわれたくない性格なので、乾燥機に乗っている率が高いです。クロはかまわれたい方なので、テーブルに寝ることも多い…。
その他にもいろいろ猫指定の場所があるようだけれど、季節によっても変動あり。
そういえば、そろそろ涼しくなってくるから、夜の寝場所が布団に移動するかな〜と期待しているところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.27

我が家の催促する猫

我が家の猫はいつもあまり空腹でない為か、ご飯の催促はあまり真剣じゃない。
野良子猫の頃の飢餓感はもう忘れてしまったらしい。単にカリカリや猫缶に飽きているのかもしれない。
でも好物が食卓に並ぶと真剣に見つめて来る…。
bangohan0
「ターゲットカクニン!」「( >_[・]) ロックオン!」

食卓にあげるのはイクナイ!けど、まあ我が家では黙認されています。
汚いとか行儀悪いとか以前に邪魔です。私のご飯を置く場所が無いよ…。
大概は見ているだけで手は出してこないんだけど、この日は余程欲しかったのかチョイチョイと手を…。
bangohan
「サシミクダサイ…」

このあと父から刺身をゲット。いつも猫にふるまうので皿には大目に入れるようにはしているんだけど。
実は台所でさばいている時からまな板近辺にはり付いて、切りくずを貰おうと狙っています。刺身にする時は包丁を研いでからする、というのを覚えたのか、包丁を研いでいる音がすると走ってくるように。
パブロフの猫か。
でも菜っ葉きりの包丁だって、たまには研ぐんだよ…。期待されても困ります。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.08.16

猫の指定席

晩ご飯を食べて、外が暗くなって来る頃、クロの指定席は電子レンジの上。
電子レンジの上から横の窓に来るヤモリを見張ります。
ヤモリは窓の外に来るので捕る事は出来ないのだけど、それでも諦めずに窓の裏側からヤモリめがけてバシバシ叩きます。
誰もいない台所で、窓ガラスがガンガン叩かれている音が聞こえてきます。
天候やら時間によってヤモリが来ていない時もあるけれど、来るまでしんぼう強く待っている様子は、マンガでよくある、ネズミ穴を見張る猫を思い出させます。
でも待ちくたびれて寝ている時もあるけどね…。

待ちぼうけ「むにゃむにゃ…ヤモリにゃ…」
denshi

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.12

猫用高熱伝導率金属板

毎日暑いですね。夏だから当然だけど、なんだか子供の頃より暑くなった気がしてならない。
子供の頃、我が家にはクーラー(エアコンにあらず)なんて無く、扇風機、うちわ、下敷き、(緊急用)アイスノンなどが冷房の主流でした。
窓は開けっ放し、おまけに玄関ドアも開けっ放し、よしずや簾で日差しをカット。
それでけっこう平気に暮らしていたものですが。
この頃ではエアコン無しの室内では耐えられない。窓を開けてみても熱風が吹いて来るだけのような。
耐性が無くなって来ただけなのか、それとも地球温暖化の兆しがじわじわと…?
この暑さ、猫もだらーんとのびきって少しでも体温の上昇を抑えようとしています。不思議なのは、エアコンの効いた部屋には来ないということ。
不自然に温度の下がった部屋は嫌いなのか。人間が快適な温度は猫には寒いと見えます.
フローリングの床やら玄関のコンクリート部分やら簡易流し台のシンク部分などに寝ています。暑そうで不憫です。
そこでいろいろ売り出されているひんやりグッズを買ってみようと。
利用者の声では、「使ってくれない」というのもままあるようなので、無駄な出費及び場所塞ぎになるかもしれないけれど、それは覚悟の上で。
ショップに行ってみると、アルミ製のものと天然石のものがありました。
アルミのものがリーズナブルなお値段だったので、そちらを。
持って帰って置いてみると、最初は目新しいのか、一度乗っかって、座ってみてはいました。
…一瞬だけ。
お気に召さないようです(TдT)
でもそのうち使ってくれるかも、と気を取り直していつもねそべっているあたりに設置しておきました。
そうすると、寝ていました。
……アルミ板の横の床に。わざわざ避けて寝るなよ!
そのうち…そのうち慣れてくれるよ、気長にね。
でも今やすっかりその場所一帯を避けて寝るようになっていますが…。
いつかきっと使ってくれる、と信じて今も設置続行中。
猫グッズは失敗が多いです…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.07

猫と雷

昨日はせっかく洗濯物を外(屋根なし)に干したのに、雨が降ってきて慌てて取り込んだ
夕立だろうなぁ、すぐ止むよ、と思ったけど雷を伴って意外に長く降っていた
雷が鳴りだすと、エンが慌てて走ってきて、椅子の下に入った
なんだか地震の訓練のようで笑った
次にクロが走ってきて私が体育座りをしていた足の下に入った
おお、頼られている!と感動したのも束の間、すぐに飛び出しテレビ台の後ろに逃げ込んだ
あぁ、飼い主頼むに足らずか…
テレビ台の後ろはクロの秘密基地
わずかな隙間からムリムリっと潜り込む
しかしそこもあまり安心できなかったか、また走ってどこか別の部屋へ
雷も去って雨も小降りになった頃、そう言えばクロはどこへ?
クロよ〜と呼びながら部屋を巡るも姿が見えない
また脱走か?!
と青くなって呼んでいると、何かコトコト小さい音が神棚の下の方から
棚の下には居ない…その下の小さい押し入れ(戸棚)の中から聞こえます
開けてみるとクロが居ました
でも引き戸は閉めてあったし…閉めることも覚えたのか?
びっくりしていると父が「ワシが閉めたわ〜」と
なあんだ、やっぱりね。早くも化け猫の仲間入りかと思ったよ

風呂に入っているクロ…ではなく寿司桶に乗っているクロ

sushioke

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.04

外猫の悪夢

この前の脱走以来、クロが頻繁に窓開けろコールをするようになりました。
ちょっとしたサカリの状態のような。
でも出すわけにもいかず、鳴かれるとちょっとストレス感じる…。
そんなもんだから、こんな夢を見ました。
私がスーパーに買い物に行ったら、何故か猫が脱走してついてきて、店に入ってきて走り回ったり商品棚に乗ったり大暴れ。
店員さんの非難の眼差しを他人のふりして切り抜け、外へ出たら今度は、大通りを渡ろうと道に飛び出す猫。
「危ない〜!!」間一髪、車をかわす猫、しかしスピンしつつ止まる車…。
た、他人のふり…。
悪夢にうなされて目覚めると、朝も早うから声高に窓開けてコール。
だめです、出たらきっと良くないことが起こりそうだし。
まあ、楽しい事もきっとたくさんあるんだろうけども…。
都会へ出たい〜という息子を引き止める親の気持ち。
人間なら危ない事はするな、病気には気をつけろ、と言い聞かせる事もできるんだけどねぇ。
猫には通じないから、一方的に管理するしか無いんだよね。
それか、起こる事はすべて受け入れるという覚悟で外へ行かせるか。
そこらへんは飼う人の環境や考え方で変わって来るんだと思う。
私は、うーん、やっぱり覚悟が足りないので。東京へは行かせません!

東京って楽しいらしいよ。そうなんかにゃ…。
amidotatami

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.30

猫、脱走を図る

クロが脱走しました。
いつもはまったく興味の無い洗面所兼脱衣所の小窓を開けて、逃げ出しました。
水を使うし風呂場に続く小さい空間なので、除湿のためにいつも細めに窓を開けていました。2cmくらい。あるいは網戸状態で。
今までは開けられる、という意識が無かったようで、まったく関心もしめさずにいたものが、とうとう開けられると学習してしまったらしい。
ふと気付いたら、窓の桟やら洗面台の上に乗っけていた化粧品などの瓶が倒れたり落ちたりしている…。窓も10cm開いている…。
もしや?!
家中を探しまわるも、エンの姿しか見えません。
慌てて裏庭や家の周りを見て回ったりしてみたけれど、敷地内には居ない様子。
隣家の庭とは低い柵がある程度で、特に厳重に仕切りがしてあるわけではないので、猫にとっては少しの障害物にもなりません。
古瓦が積んであったりして、人間には通れない所も、猫ならむしろ喜んで歩くだろう高さです。
よその猫なんかがうろうろしている所ばかりだから、匂いをたどってクロも行ってしまったのかも?
探しに行きたいけど、よその家の裏庭を猫ならともかくいい年した大人がうろつくのはまずいです。ちゃんと了解をとってからでないと…。
でもまだ遠くには行ってないかも。
30分くらい前までは家の中に居たんだし。
もう一度、家の庭だけ見てみよう。表通りの側も望みうすだけど、一応見てみよう。
ふと、鈴の音がしたような気がしました。家の中かな?いやでも…。
裏庭をのぞくと、居ました!
「にゃー」
「どこに行ってたんやー」と撫でてやると逃げずにすりすりして来ます。
抱っこしてドアまで行こうとすると嫌がって降りようとしましたが、ここで逃げられてはまずい!と思い、無理矢理に家に連れ込みました。
家に入って、やれやれ一安心。
と、思ったらクロの様子がナニか変。犬のように口を開けてハアハア息をしている
…。
初めての脱走で興奮している?
それとも暑い戸外に出たので熱射病に?
熱射病なら、たしか水をかけるんだっけ?!
でも、興奮してるんだったら余計、興奮させてしまうかも…。
等と思っている間にクロの方は冷房のきいた部屋の冷たいテーブルにゴロンと横になってハアハア。
水をやってみたけれどあまり飲みません。
しばらくすると場所をかえてまたハアハア。
自分なりに対処する余裕があるようです。のびてしまってもうダメ、とかでは無いらしいのでちょっと様子見。
何分かそうしているうちに、呼吸は速いものの口を閉じて呼吸するようになりました。さらに数分経過で、平常の様子に。
やっぱり、暑かったのか。
たしかに昼前の、かんかん暑い時間帯に、涼しい場所も知らずに外に居たんじゃあ、無理ないかも。
それに、もしかすると近所の犬のいる所まで行っていて、吠えられたもので逃げて来て、大興奮していたのかも。
何事も無く戻って来て良かったなぁ。
でも、それで味をしめたのか、その後再度、同じ窓から出ようとしていたので、やむなく鍵をかけました。
その他の窓もそろそろヤバいかもしれない。網戸も…。
とりあえずその窓には防犯用の、少し開けてロックできる鍵をつけました。
うーん、でも出たがって鳴いてるのを見ると可哀想になるなぁ。外には面白い物がいっぱいだしね…。
でも危険も一杯なんだよな。それに人間にも不都合なんだよ…。
猫の行動範囲は狭い、というけれどもそれでも我が家の敷地よりは広いはずで、少なくともクロにはもう、我が家の中は狭くて退屈で仕方が無いらしい。
それでもやっぱり出せないよ。
出せないけど。
確固たる信念を持って言っているのではないものだから、そこが悩む所。
それも無事戻ってきたからこそできる悩みなんだけどもね。

水屋の上、天井近くでくつろぐクロ
perorin

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.07.23

猫と煙は

馬鹿と煙は高い所へ登る…だっけか。
猫も高い所が好き。もともとが樹上生活しているからなんでしょうかね。
とりあえず登れる所は登ってみないと気が済まない。
家の中ではタンスや棚や冷蔵庫や洗濯機や乾燥機や、押し入れの上とか登れる所はとにかく登る。
居心地のいい居場所を少しでも広げたいという探究心なのか。
カーテンレールも取りあえず歩く。
直線移動するだけで、くつろげるスペースは無いんだけど…。
すぐに飽きて降りようとするので、いつもは私が背中を向けて台になって下ろしてやる。
今日は、「そうだ、写真でも撮ろう」と思い、台にならずにいた。
2、三枚撮って、カメラのモニター画面で撮れ具合を見ていたら、いきなり私の胸めがけてダイブ!
「いてぇ〜〜〜!!」Σ(>д<)
直立している所へ飛んできたので、ずり落ちる体を爪でささえられた…。
爪切りはしていたけど、かなり尖ってきていたので胸のあたりに爪痕が。
幸い、ちょっと血がにじんだくらいで大層な傷では無かったけど、また傷が増えてしまったよ。
手、足、背中なんかは常に何やら傷があるけど、胴体前面に傷がついたのは初めてかも。
台になって欲しい時は、声かけてからにしてね。たのんます…。

rail

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧